1. TOP
  2. 知らなかったフラワーアレンジメントの基本 あれこれ
  3. 初心者向け初めてフラワーアレンジメント。基本お花を挿す前にやること パート2

初心者向け初めてフラワーアレンジメント。基本お花を挿す前にやること パート2

初心者でも大丈夫。フラワーアレンジメントってよく聞くけど始めるのに何を準備すればいいの?

道具と、フローラルフォームと器

ハサミ

枝ものも切れるようなハサミがあればよりベスト

ハサミ

ハサミ

その他の道具

後は、ナイフや、普通のハサミ、物差しもあるといいですね。

 

道具の用途は後ほど、、。

そして、

フローラルフォーム

お花を挿す時に使うスポンジのようなものです。

リサイクルはできません。

こちらは、全く切っていない状態です。

これを器など、大きさに合わせてカットします。

その時に、カッターを使います。

そして、、

 

今回の器は、内側にナイロンのような防水加工のものが付いている優れもの。

水が漏れる心配もありません。

防水加工していない器の時は、どうするの?

透明なセロファンというものを使うことが多いです。

100円ショップのラッピングコーナーなどにも透明な袋などが売っていますので、それを使ってもいいですね。

後は、どこの家庭でもある

透明のビニール袋を使う方法がオススメです。

このように器に合わせて、ハサミで切ったり、、

器に入れてから、ハサミで切っても大丈夫です。


ビニール袋は安価で、わざわざ買いに行かなくても家庭にあるので代用しやすいですね。

ポイントは、、

見た目が綺麗になるように、

ビニール袋は器からはみ出さなように切ることです。

仕上がり時にビニールが出てしまうと

せっかくのアレンジメントが台無しになってしまいます。

フローラルフォームの準備

先ほどのフローラルフォーム。

メーカーにもよりますが、

横23 幅11 高さ7.5センチほど。

このままでは、大きいのでカッターで

器に合わせて切ります。

生花の場合は、

お花が枯れないように水につけます。

バケツの準備

ここに、切ったフローラルフォームをゆっくり入れます。

フローラルフォームを水に付ける際の注意点。

①無理に押し込まない。

②上から水をかけたりしない。

③自然に水を吸い下に沈むのを待つ。

 なぜ、①から③がだめなの?

見た目水を含んでいるように見えても、フォームの内側まで水が浸透していません。

それでは、せっかくフォームにお花を挿しても、花が枯れる原因になってしまうからです。

フローラルフォームのセット

器に水を含んだフローラルフォームをセットします。

ドライフラワー、プリザーブドフラワー、造花の場合は、水につけないでフローラルフォームを使います。

フローラルフォームに目安の線を引く

フラワーアレンジメントの基本の形

(ラウンドアレンジメント、ホリゾンタルアレンジメント、四角錐アレンジメントなどその他 多種)

を作る場合、フローラルフォームのどこにお花を

入れるかがとても大切になります。

その時の目安になる線を書くことで、お花を入れる

位置が明確になり、綺麗な形が作れます。

線を引く方法

中心を確認するため対角線に線を引く。

角と角を物差しや、ハサミなどで線を引き、

対角の角と角も線を引きます。

交わったところが中心になります。

このようにすれば、簡単にきちんとした中心がわかります。

その後、十字の線を引きます。

中心がわかっているので、簡単です。

こんな風に線を引く場合もあります。

うっすら見えますが、やはり最初に対角線に線を

引き中心を確認してから、縦横と線を引いています。

このように基本の形を作る際など、綺麗な形を作る

ためには、

面倒でも丁寧な線引きが必要になります。

フローラルフォームの面取り

角になる部分にお花が挿しやすいように、カッターでフォームをそぎ落とします。

カッターの葉を長くして一面を一気に落とすのが、ポイントです。

これを「面取り」といいます。

4面全てそぎ落とします。

こちらが、全部の角を取ったフローラルフォームです。

フローラルフォームをカブァーする?

お花を挿して、アレンジメントを作っていきますが、、

どんなアレンジメントにしても共通で、フローラル

フォーム見えないほうがいいので、葉ものを使って

隠します。

それをフローラルフォームをカブァーする」

と言います。

代表的な葉もの(グリーン)

レザーファン

フラワーアレンジメントをカブァーするのによく

使われるのがこのレザーファンです。

レーザーファンを挿す方法

こちらの写真のように、細かくして切ります。

無駄なく切るのが、ポイントです。

切ったレザーファンを器の縁の部分(底辺)や、

真ん中辺りに低く挿します。

綺麗にフラワーアレンジメントが完成しても、

フォームが見えてしまうと、 貧相なアレンジメントに見えます。

ドラセナ

ドラセナも一枚一枚に分けます。

長くか使う場合は、このまま使いますが、

フォームをカブァーする際に使う場合は、

こんな風に、一枚を丸めてホッチキスで止めます。

葉脈に添わさずとめるのが、ポイントです。

葉脈に添わせてとめてしまうと、

破けて取れてしまう場合があるからです。

こんな風に、器の縁に挿して使います。

レザーファンと、一緒に使ってカブァーするとより、カブァー力がアップできます。

どのタイミングで、フォームをカブァーすればいいの?

最初に入れる時もありますが、

ある程度、形を作るための基本のお花が数本入った時点で、入れると入れやすいです。

完成間近でカブァーの葉ものを入れると、

手が入りにくかったり、

無理に入れて花材が折れたりする場合もあるので、

最初の方に入れるのがオススメです。

 

フラワーアレンジメントに慣れてきたら、

ある程度、最初に葉ものを入れ、

完成間近でフォームが見えるところを再度入れると

更に綺麗に仕上がります。

 

いかがでしたか?

フラワーアレンジメントを作る前に、

意外と知らなかった!という準備段階の話を載せてみました。

是非、フラワーアレンジメントにチャレンジしてみてください。

 

ブガ・スハティでは、 西宮北口・香櫨園でフラワーアレンジメント教室を開催しています。

詳細はこちら

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

CHIE HORADO紹介 CHIE HORADO一覧

CHIE

CHIE

お花に携わること30年以上。小4から生け花を習い始め、花屋での経験を生かし講師になりました。生徒さんと身近に丁寧に教えることをモットーにしています。
Bunga Sehati 主幸
ダッチスタイルライセンス取得
アジアンスタイルライセンス取得
EFD認定2級インストラクター
EFD認定プリザーブドフラワー2級インストラクター
FL認定装飾技能士認定⚫︎FL認定押し花装飾技能士認定
華道 准教授
社団法人こども色彩教育開発 保育色彩基礎講習資格取得

関連記事

  • 生花の水揚げ方法教えます。フラワーアレンジメント基本 パート1