1. TOP
  2. ウェディング
  3. 花嫁の結婚式 ブーケの値段は?造花と生花だと見栄えや金額は?

花嫁の結婚式 ブーケの値段は?造花と生花だと見栄えや金額は?

ウェディング
  1,675 Views

結婚式に持ちたいブーケ。相場はいくら?造花、生花。プリザーブドフラワーで作ったらいくらかかるの?価格比較してみました。

結婚式のウェディングブーケ いくらかかる?

生花、プリザーブドフラワー、造花を式場手配、 外注で頼む、手作りの場合違いはあるの?

外注 手作り 式場
生花ブーケ 3万円〜 1、5万円〜 3.5万円〜
プリザーブドブーケ 5万円〜 2万円〜 5万〜
造花ブーケ 2万円〜 1万円〜 2.5万円〜

※プリザーブドフラワーとは、元は生花で特殊な加工し生花の見た目、風合いを残し2〜3年ほど生花のように保てる花です。

手作りで作る方が安くあがりそうです。

ブーケの形を決めてる人必見。ブーケの形で値段は違うの?

生花ブーケ プリザーブドブーケ 造花ブーケ
ラウンドブーケ 13,000円~  22,000円~ 15,000円~
キャスケードブーケ 15,000円~ 26,000円~ 22,000円~
ティアドロップブーケ 14,000円~  24,000円~ 20,000円~
クラッチブーケ 13,000円~ 22,000円~ 20,000円~
バックブーケ 15,000円~ 25,000円~ 22,000円~
ボールブーケ 15,000円~ 22,000円~ 22,000円~

 

大きさ、形によって花材量、手間暇かかる度合いも違い値段が変わってくる。

ブーケの形とドレスの関係は?似合うドレスはどんなドレス?

ラウンドブーケ プリンセスライン   Aライン
キャスケードブーケ プリンセスライン  Aライン
テイアドロップブーケ プリンセスライン  Aライン
クラッチブーケ  マーメイドライン スレンダーライン
バックブーケ スレンダーライン Aライン
ボールブーケ  着物

ブーケも花材の種類、材質によって値段も変わり、それぞれメリット、デメリットがあります。

生花、プリザーブドフラワー、造花のメリットとデメリットは?

生花のメリット

  • 見た目の美しさは一番。

本物にそっくりに作られている造花も綺麗ですがやはり生花には敵いません。

  • プリザーブドフラワー、造花に比べて安くなる。特に大きく豪華な花を使う場合コストが安くなる。

造花やプリザーブドフラワーなどは大きくなると生花に比べて高くなります。

大きく豪華に作るなら、生花で作るのが一番です。

生花のデメリット

  • 前日に作るため前撮りに使用できない。
  • 萎れるなどの心配がある。
  • 重い。

プリザーブドフラワーのメリット

  • 見た目、手触りが生花に近い。プリザーブドフラワーは、元々生花で特殊な液につけ加工して2年ほど生花のように綺麗な状態で飾れます。
  • プリザーブドとは、保存するです。生花のような見た目で結婚後も飾って楽しめます。
  • 前撮りに使えるのでお得。
  • 水分がないので軽い。

プリザーブドフラワーのデメリット

  • 他の素材に比べて高価。
  • プリザーブドフラワーは、デリケートなので取り扱いに注意が必要。

造花のメリット

  • 見た目が生花に近い。
  • 水分がないので軽い。
  • 取り扱いが楽なので海外ウェディングなど、飛行機の持ち込みができる。
  • 前撮りに使えるから経済的にもお得。
  • 結婚式後も飾って楽しめる。
  • 種類が豊富なので、生花では水揚げが悪い花材も使える。

造花のデメリット

  • 造花の質が悪いと(色、見た目)安く見える。

外注(花屋)、式場、手作りどこで頼めばいいの?メリット、デメリットは?

外注のメリット

  • 好みのブーケを注文できる。
  • 式場に頼むより安くなる場合がある。

外注のデメリット

  • 式場に持ち込む場合の持ち込み料がかかる。
  • 配達の場合、交通事情等で結婚式のギリギリや間に合わないことがある。

式場のメリット

  • 式場で頼むのですべてお任せで楽。
  • 時間に間に合わないなどの心配はない。

式場のデメリット

  • 値段が高い。
  • 決められた中から選ぶのでオリジナルにならない場合がある。
  • 好みのブーケにならない場合がある。

手作りのメリット

色、花材の指定、形など自分だけの世界に一つのオリジナルのブーケが作れます。

  • 愛着のあるブーケになる。苦労したり、難しいブーケであればあるほど、結婚式での思いは更に深くなる事でしょう。
  • 自分で、彼と一緒に。または母親、姉妹が手作りする場合もあります。心の込もったブーケなので大切さが増します。作る過程も思い出になります。
  • 前撮りに使えてお得。
  • 髪飾り、ブレスレットなどブーケには合わせた物をオリジナルで作れる。

手作りのデメリット

  • 結婚式場には、持ち込み料が発生する場合がある。(相場はブーケ:1~3万円)場所によって違うので確認の必要があります
  • 人によっては予算オーバーする時もある。(持ち込み料プラス プリザーブドフラワーなどで作る場合は高くなる場合がある)

手作りの感想はこちら

手作り作品の感想あれこれ

 

 

ウェディングブーケ名前と形

ラウンド ブーケ

丸く可愛らしいブーケです。

 

キャスケードブーケ

ティアドロップブーケ

クラッチブーケ

バックブーケ

https://ichiecarpe.exblog.jp

ボールブーケ

まとめ

  • 外注、式場、手作りのメリット、デメリットをよく考えて自分に合った所で結婚式のブーケを作る。
  • ブーケを作る素材(生花、プリザーブドフラワー、造花)によってもメリット、デメリットがある。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

CHIE HORADO紹介 CHIE HORADO一覧

CHIE

お花が大好き。花に携われる仕事がしたいと奮闘してます

関連記事

  • ウェディングブーケ豆知識. 結婚する前にウエディングブーケについて知りたい!!

  • ウエディングドレスの歴史って?ウエディングドレスの種類はどんなものがあるの?

  • ウエディング 和装用ボールブーケ制作

  • 白のウェディング キャスケードブーケ 似合うウェディングドレスは何?お悩み解決。 

  • 結婚式 造花を使ったオリジナルウェディングブーケレッスンIN 大阪 阿倍野区